リノベーションのある暮らし

東京都Eさん Episode3【施工】

[物件データ]

  • Before
  • After
  • 家族構成:ご夫婦とお子様1人の3人家族
  • 所在地:東京都江戸川区
  • 築年数:25年
  • 間取り:3LDKから2LDKへと変更
  • 占有面積:78.88㎡
  • リノベーション費用:880万円

内装写真はこちら
色や素材を揃えて

そして7月下旬から施工に入りました。特に細かなチェックはせず、中間時点での確認と最終確認のみで済んだというEさん。
25年と決して古すぎるわけではありませんが、やはり今風のデザインとはかけ離れたマンションの一居室が、スケルトン状態からまるで新しい衣をまとうかのように出来上がっていく工程を担当したのは、リノデュースが紹介した熟練の職人たち。リノベーション工事においては、逐一工程をチェックする方もいますが、Eさんはリノデュースの実績を信頼していましたので最低限の確認に留め、それでいて期待以上の家になったと語ります。

「ご提案で、備え付けのダイニングテーブルを制作していただきました。機能的な面はもちろん、色彩的な部分まで考慮していただけたのも、ありがたいところですね」

このダイニングテーブルは最初、光沢のある塗装で仕上げたところ、床や壁紙との雰囲気に合いませんでした。そこで、マット感のあるダークブラウンに再塗装したとのこと。

爽やかさと明るさを感じさせる白で彩られた壁紙と、落ち着きを与えるダークブラウンの床材。そして、むき出しの配管が目立つ天井と壁が広がりと変化のある空間を演出し、さらには天井と床の異なるコントラストが、飽きのこない居住空間を生み出すことに成功しました。

追加費用に関する不安もなし

リフォームやリノベーションというと、相場観を持っている方はそう多くいません。そのため「追加工事などをすると、後から多額のお金を請求されるのではないか」と不安を持つ方も多いそうです。

しかし、Eさんは「見積もりは平方メートル単価と設備ごとの費用できっちりと提示されていたので、不安はなかった」とのことです。ダイニングテーブルの再塗装や細かな部分の調整をしても追加費用が発生することがなく、当初の予算の範囲できっちりと仕上がりました。

また、ドアノブなどアクセントを加えたい部分は、あえてEさんが自分で探してきた部品を取り付けてもらったそう。リノデュースが用意した部品ではありませんので、サイズが合わなくても違和感がないように計画外の作業を追加。それでいて費用も発生せず、細部まで自分好みの家に仕上げることができたということです。

作業が完了して最終確認を行った後は、「もうここから帰りたくないな、ずっとここにいたいな」と思ったそう。まさに理想通りの住まいが眼前に広がる様子に、ガッチリと心を掴まれてしまったのです。

 Next…「Episode4 お子さんが元気に室内を駆け回る様子に感無量」を読む