リノベーションのある暮らし

東京都Eさん Episode4【お引渡し後】

[物件データ]

  • Before
  • After
  • 家族構成:ご夫婦とお子様1人の3人家族
  • 所在地:東京都江戸川区
  • 築年数:25年
  • 間取り:3LDKから2LDKへと変更
  • 占有面積:78.88㎡
  • リノベーション費用:880万円

内装写真はこちら
色や素材を揃えて

お子さんが元気に室内を駆け回る様子に感無量

そして、施工の最終確認を行い、9月にリノベーション物件の引き渡しが行われました。
ご夫婦とお子様で室内に入り、まず一番大きな反応を示したのはお子様だったということ。それまでの家とは異なり、広々としたリビングはお子さんが室内を駆け回ってもつまずくことなく、縦横無尽に遊ぶことができます。

「それまでは家の中を走ることなんかできなかったのですが、今の家は1階ですし、足音をそれほど気にすることなく子供も楽しそうに毎日を過ごしています」

それまで家造りを奥様に任せきりだったご主人も、お子様の楽しそうな姿を見て思わず笑みがこぼれたそうです。

そして、今回の物件購入とリノベーションを中心となって行った奥様も、家に入った瞬間に大変な感動を覚えたとのこと。
「ヴィンテージ感のある落ち着いた空間にしたかったのですが、その希望を本当に叶えることができ、設計士の方には大変感謝しています」

リノデュースのWEBサイト、ショールームで見たデザインに強く心を惹かれた奥様でしたが、ショールームはあくまでも「予算を惜しまず、粋を凝らした一品物」というハウスメーカー、マンションデベロッパーが多いのが現実。そのような中、ある程度は予算に縛られながらも、ショールームの雰囲気を十分に盛り込むことができた今回の物件には、大変満足しているということです。

大型家具を置いても十分に余裕のある空間

また、リビングに余裕ができたこともあり、大型のソファーを買うことができたのも嬉しかったそう。
「なかなか賃貸ではソファーを置く場所がなかったので、家を買ったらぜひソファーを置きたいと思っていました。ゆったり寛げる空間になったと思います」
大型の革張りソファーはお子さんも大好きな場所。おかあさんといっしょにソファーでアニメのDVDを見るのが大好きだそうです。

 

キッチンとリビングの間には僅かな段差がありますが、22畳以上のリビングは段差のないフラットな空間。お子さんがおもちゃの車を乗り回しても大丈夫ですし、奥様も掃除がしやすく、お子さんがいながらも物が溢れないリビングを実現できています。
キッチンで調理をしながらリビングを見渡せるので、お子さんが遊んでいる様子も確認できますし、ダイニングテーブルに直接料理を置くこともできます。

保育士として働いて毎日が多忙な奥様にとっても、キッチンとリビングがダイレクトに一体化した空間は家事の手間がかからず、大変使いやすいとのことでした。
「フラットな床面で、お掃除ロボットも使いやすいので、いずれ是非購入したいですね」
共働き夫婦にとって、わんぱく盛りの男の子にとっても理想をかなえた、まさに夢のリノベーションマンション購入でした。

【Eさん夫婦からのメッセージ】

「希望する場所がかなり狭いエリアだったので、ご紹介頂ける物件もあまりないかな、と思っていたのですが、予算内で豊富な物件を紹介していただき、すぐに住みたい家を見つけることができました。融資の斡旋からデザインの打ち合わせ、自分の好みの部分まで常に専門の担当者の方から丁寧にサポートしていただけたので、全く不安はありませんでした。リノデュースさんにお会いしてからの3ヶ月は毎日が楽しかったですね。家のデザインでディテールまでこだわりたいという方は、ぜひリノデュースさんにお願いするといいと思います。きっと期待以上の仕上がりになりますよ!」

 Next Story… in preparation