リノベーションのある暮らし

東京都Bさん Episode4【お引渡し、その後】

[物件データ]

  • Before
  • After
  • 家族構成:ご夫婦2人
  • 所在地:東京都江東区
  • 築年数:21年
  • 間取り:3LDKから2LDKへと変更
  • 占有面積:74.24㎡
  • リノベーション費用:870万円

内装写真はこちら
キッチン越しに、広がる世界

隅々まで配慮が行き届いた、明るくかつ静かに過ごせる空間に

そして待望の引き渡し。最終確認で内装は見ていたものの、やはり「ここで自分たちがこれから生活するんだ」という実感を持ったことで、感動もひとしおだったそう。

「シンプルながらもコントラストが明確で、飽きのこないデザインになっていると感じました」

ご主人はそれほど家造りに対するこだわりはなかったそうですが、それでも漠然とした要望を理想の家という形でしっかりと表現してくれるプロの手腕に感嘆したそうです。
床には深みのある茶色のオーク材を採用。玄関から廊下、リビングと続く居住スペースの壁はスッキリとした白で仕上げ、明るくて落ち着きのある空間となっています。

窓にはブラインドを採用し、日光を存分に取り入れられるようにする配慮も。同時にカフェっぽい雰囲気を出すことにも成功しています。

部屋の片隅にはお掃除ロボットが置かれています。
「フラットな空間なので、お掃除ロボットが活躍してくれますね。収納も目立たないように部屋と一体化して設置してあるので、生活感が出ません」と、掃除されることの多い奥様が言っていました。

ダイニングルームの端に設けられたクローゼットは、押し入れを改装して造ったもの。開閉部のデザインをみても、元は押し入れだったとは到底思えません。

駅チカなので電車の音が深夜まで聞こえてくるのですが、吸音性のあるブラインドを採用して騒音の影響が極力出ないようになっています。バルコニーも2ヶ所に設けられています。洗濯スペースだけではなく、観葉植物を置いたり、お子様ができた時にちょっとした遊び道具などを置いたりできるスペースとして活用できるでしょう。


家飲みが捗るホームBAR。夫婦の時間が一層増えました

「夫婦二人とも飲むのは好きなのですが、外で飲むよりも家飲みの時間が増えましたね」

こだわりのホームBARは、自宅でありながら非日常感のある格別なスペース。カウンターで、家と同時に購入した大型のソファーで楽しむ晩酌の時間は格別ということです。また、BARスペースはカウンターキッチンと一体化させていますので、食事をするのにも便利だということです。
ご主人の職場までの通勤時間も大幅に減ったことで、夫婦二人家で過ごす時間も増えました。

「大変に居心地が良いので、お互い家からあまり出ないのかもしれないですね」

と、奥様は笑いながら言います。家族円満の秘訣は、お互いが心地よく過ごせる空間であること。そんな言葉が頭をよぎりました。

【Bさん夫婦からのメッセージ】
「家選びに妥協したくなかったので、4ヶ月も家探しに協力していただいたのですが、社長さんからはこちらが納得するまで嫌な顔ひとつせず、何件も紹介していただけました。本当に感謝しています。

 私は家の内装にもこだわりたいと思っていたので、注文が細かくなってしまったのですが、アイデア、素材、部品などリノデュースさんの持つプランの豊富さに驚かされました。家に対する表現力と実行力が大変豊かな会社さんだと思います。ウェブサイトを見て、ひと目で『この会社に頼もう』と選んだ私の勘は間違っていなかった。嬉しく思いますね。」

     Next Story… in preparation