リノベーションのある暮らし

千葉県Tさん Episode2【工事打ち合わせ】

[物件データ]

  • Before
  • After
  • 家族構成:ご夫婦とお子様3人の5人家族
  • 所在地:千葉県千葉市
  • 築年数:45年
  • 間取り:5LDKから2LDKへと変更
  • 占有面積:93.73㎡
  • リノベーション費用:940万円

内装写真はこちら
リノベーションのテーマ  “ヴィンテージ+和モダン”心おちつく空間

デザイナーにイメージを伝える

さまざまな物件を見て回り、千葉市内に希望と一致するゆったりスペースの物件に出会ったTさん。
次は具体的な内装デザインを、リノデュースと一緒になって検討していきます。豊富なリノベーションの経験を持つ、リノデュースのデザイン担当者と、二人三脚になって設計プランを進めていくことに。

「自分たちのイメージを、どう伝えようかと思ったんですが、なかなか口頭では難しい面があって」
そんな時、資料として見ていた建築雑誌に、「これだ!」と思えるマンション室内のデザインを見つけたんだとか。奥さん共々揃って気に入り「こんな感じでお願いします」と、その誌面を見せながら担当者に伝えということです。

「その物件はリノデュースさんじゃなく、他社が手がけたもので、ちょっと失礼かなと思ったんですが、担当者の方は嫌な顔一つせず、こっちが持つイメージをすぐに汲み取ってくださり、ブラッシュアップしてくれました」

イメージを形にしていくプロセス、そこにはどんなこだわりと、やりとりがあったのでしょうか。

キーワードは、「ゆったり」「ノビノビ」

リノベーションする前の物件の間取りは、部屋が細かく区切られた5LDK。それを、壁を取り払って一部屋を大きく、というのがTさん夫妻の一番の希望でした。子供たちが家の中をノビノビと元気に動けるように。その思いは玄関スペースにも及び、玄関から奥へと伸びる土間、そして広々としたフリースペースを設けたいという希望となって現れました。

「大まかな間取りのイメージは最初からありましたけど、細かいところを含めての検討は、リノデュースさんから何度も図面を提案していただいて詰めていきました」

フリースペースからキッチン、リビングまでを見通せるようにしたい。部屋を広く取るための収納スペースはどう設置するか? 天井や床の素材は? Tさんは毎週、青山にあるリノデュースのショールームに足を運び、打ち合わせを重ねました。

そんな中、ショールームで現物を見て即決したのが、リビングの床に敷かれた高級素材のブラックウォールナット。世界でも人気のオーク材で、肌触りが滑らかで心地よく、色合いも部屋のトーンによく合っていたようです。リノデュースの担当者と意見の違いで衝突したりはなかったですか? という問いに、Tさんは笑顔で答えてくれます。

「担当者の方は、何でもこっちの言う通りじゃなく、合わないと思えばこっちの方がいいとハッキリと提示してくれるんです。自分たちのテイストをよく理解してくれていて、時々こっちがブレてたら、逆にコンセプトを思い出させてくれたり」

担当者との良好なコンビネーションもあり、内装デザインのアウトラインが決定。さらに一歩、理想の暮らしが近づいてきました。

 Next…「Episode3 施工」を見る