FAQ よくある質問

お客様から非常に多くよせられる質問

仲介手数料が無料なのは何故ですか?
リノベーション費用に上乗せて高くなりませんか?
弊社では中古購入とリノベーションの1社完結型のワンストップで全ての領域を内製化しております。 本物のワンストップサービスでは仲介手数料で利益を求める必要はありません。 その分、リノベーションや他の事に資金を有効に活用していただきたい、「リノデュース」の想いです。
どんな物件も仲介手数料が無料になりますか?
リノデュースで物件仲介とリノベーションをセットで行って頂いた場合は、どんな物件でも仲介手数料は無料とさせていただいております。また、リノベーション済み物件であればリノベーションを行っていただかなくても、仲介手数料は無料とさせていただいております。
物件がまだ決まっていないけど、探すところからお願いできますか?
経験・知識豊富な不動産専門スタッフが専属で付きますのでご安心ください。
購入時の資金計画からリノベーション向き物件の探し方、資産価値など、あらゆる観点から最適な物件をご提案します。
物件を探してもらえる対応エリアはありますか?
1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)で対応可能です。(1部離島を除く)
地元業者とも連携しておりますので、どのような場所でもまずはご相談下さい。
着手金はかかりますか?
物件探しをするのに料金は一切いただいておりません。まずはお気軽にご相談下さい。
戸建もリノベーションできますか?
戸建も対応可能です。
リノベーションは建物を選びませんので、安心して相談下さい。
ただし、戸建については外周部(外壁や屋根、基礎部分等)の状態も重要です。
内装だけではないので、その分費用が膨らむ可能性があります。
各種イベントやセミナーはどのくらい時間がかかりますか?
一般的なセミナーであれば1時間~1.5時間程度、その後の商品説明やショールーム(商材)見学で30分程度、ヒアリングから物件探しまで進めると更に1時間程度かかります。(お客様の相談内容によります)
各種イベントやセミナーは平日や夜は対応してますか?
完全予約制となりますが、平日や仕事終わりの時間帯も毎日対応しております。
予めご予約フォームからご確認下さい。
子供が小さいのですがショールームに連れていく事は可能ですか?
大丈夫です。
お子様がいらっしゃる場合はキッズスペースを設けますので、ご予約の際にお申し出ください。
ショールームの最寄り駅はどこですか?
渋谷駅と表参道の駅が最寄です。
青山学院大学の西門からすぐの黄色い看板が目印です。
ご来場の際は案内図をお送りさせていただきます。

その他のよくある質問

リノベーションについて

リフォームとリノベーションの違いがよくわかりません。
リフォームとリノベーション。 実は、国で定めた両者の厳密な定義や線引きはありません。 一般的に「リフォーム」は、古くなった設備や内装を新しくしたり、修繕が必要になった部分を直したりすることに使われます。ちょっとしたクロスの張り替えや、古くなった設備の取替えから大がかりな改修や増築まで何でも「リフォーム」と呼ばれていますが、どちらかというと、老朽化したものを元に戻すというニュアンスで使われることが多いようです。 中古住宅に、新たな価値を生み出す「リノベーション」それに対し「リノベーション」は、給排水・電気・ガスの配管などのインフラを全面的に刷新し、中古住宅を新築住宅以上に性能を向上させたり、好みのデザインや間取りに変えたりすることにより、中古住宅に「新たな付加価値」を生み出す手法としてよく使われます。最近では、住宅購入の新しい手法として、中古マンションや一戸建てを購入し、大がかりな工事を行い作り替えることを「リノベーション」と呼ぶことが多くなっています。
リノベーション物件は耐震基準を満たしているの?
物件を選ぶ時に耐震について気になりますよね。 中古住宅で築古というと心配されるのが耐震です。 旧耐震、新耐震という言葉をご存じですか?日本では昭和56年に建築基準法が大きく改正されました。この改正後に建てられた建物を「新耐震」、それ以前の建物を「旧耐震」と総称して言います。 具体的には、昭和56年6月1日以降に建築確認を取った建物が「新耐震」物件となります。内容は住宅やマンション、ビルなどの建築物を「震度5強程度の中規模地震では軽微な損傷、震度6強から7程度の大規模地震でも倒壊は免れる」強さとすること。これが「新耐震」です。

【大地震がくると旧耐震マンションは倒壊してしまうのか?】
昭和56年以前の旧耐震マンションでは、「大地震=倒壊」というイメージを持たれている方が多いようですが、必ずしも旧耐震マンションが大地震によって倒壊するとは限りません。 もちろん安全面や損壊面で考えると「新耐震>旧耐震」というのは事実ですが、ある調査会社のデータをご覧ください。

<新耐震マンション1233棟のうち>
被害なし:630(51%)
軽微:456(37%)
小破:135(11%)
中破:12(1%)
大破:0(0%)

<旧耐震マンション227棟のうち>
被害なし:108(48%)
軽微:75(33%)
小破:40(18%)
中破:12(1%)
大破: 1(0%)

上記のデータは、2011年3月の東日本大震災における仙台市内のマンション被害状況です。 このデータを見る限りでは、「旧耐震=倒壊」というイメージでは無いことが理解頂けると思います。 つまり、一言で「旧耐震」だからといって倒壊するというわけではありませんし、旧耐震物件でも耐震適合証明の取れる物件も多々存在していますので中古物件に詳しい業者に相談することをお勧めします。
1年以内の引越しを考えているんだけど、リノベーションってどれくらい期間が必要なの?
工事自体は45日から60日程度で完了します。物件が決まっているお客様であれば設計打ち合わせと工事申請期間も含め最短で3ヶ月程度でお引き渡しが可能です。ただ物件が決まっていないお客様は物件探しから始まりますのである程度の期間は必要となってきます。簡単に物件探しからデザイン設計そしてリノベーション工事が終わるまでの簡単な流れをご説明します。物件探しに掛かる期間はお客様により異なりますがリノデュースでは物件探しと平行してお客様の理想の住まいについてヒヤリングさせて頂き、ある程度のプランは作っておきます。物件の契約から決済まで約1ヶ月から一ヶ月半程度掛かります。その期間に最終プランを決定させます。決済後に工事を着工させて工事の規模にもよりますが一ヶ月半から2ヶ月で完工お引き渡しとなります。
新築と中古で迷ってます。どちらが自分に適しているのか教えてください。
予算やどこのエリアに住みたいかで大きく変わってくると思いますが、新築のメリットは、なんと言っても新しいこと。まだ誰も住んだことがない新築のお部屋はやはりとても快適です。また、設備や部材などが新しいので、より便利で暮らしやすいというのも新築の強みと言えます。 一方、中古のメリットとして一番に挙げられるのは、なによりも価格が安いことでしょう。特別な人気物件を除いて、中古の住まいは新築よりかなり安くなります。 また、新築に比べてお客様の条件を満たした物件が見つかりやすいのも中古の魅力といえます。リノデュースではお客様の条件に合った中古物件を購入するところからサポート。その上で、ご希望の内装にリノベーションし新築に負けないクオリティでご提供いたします。こんな住まいの買い方をおすすめしております。
職人って聞くと古臭いイメージがあるんだけど、デザインは大丈夫なの?
ご安心ください、デザインは弊社のリノベ専門デザイナーが担当しますので、お客様の理想の空間作りを実現させることができます。そしてデザインと同様に大切なのはやはり、もの作りを実際に行う職人の存在です。他のリノベ会社ではデザイン性を前面に打ち出している反面、施工の部分はあまりクローズされておりません。しかも、多くのリノベ会社では施工の部分を施工管理も含め工務店に丸投げしているのが実情です。リノデュースでは、自社でデザイナーのみならず施工管理の人員も抱えており、設計通りの工事が出来ているかを自社で管理しています。さらに、リノベ工事に関わる大工さんや設備屋さん電気屋さんなどの職人さんにも拘りがあり、リノデュースが選定した信頼のある職人さんにしか発注していません。 施工や施工管理がおろそかである為に起きる失敗事例をここで紹介いたします。 工事が終わってお客様が引越しされた後、洗面台下の排水管から水漏れが発生、床下では配管の劣化によって水漏れしカビが増殖していたというケース。また、床や壁のレベル(レベルとは?)が取れておらず傾斜がついていたり、新品のはずの床が引越してしばらくすると床鳴りがするようになった等など様々な問題が生じてきます。デザインはもちろんですが、工事施工にも信頼のおけるリノベ会社を選ぶことをおすすめします。
【リノデュースの職人ページへ】
完成後にトラブルがあった場合のアフターフォローはありますか?
リノデュースでは新築ではあたりまえだった「保証」と言う概念を中古リノベーションに採用しております。特に、給排水管を新規にした場合は10年の保証をおつけしますので、長く安心してお住まいいただけます。またトラブルがおきた場合には、リノデユースの工事担当者がすぐに駆けつけますので安心したリノベーション生活をお過ごし頂けます。

費用について

リノベーションでも住宅ローンを組めるって本当ですか?
最近では中古購入+リノベーションというスタイルが定着しつつあることから、住宅購入費用とリノベーション工事費用をまとめて借りることができる住宅ローンが登場していますので、マイホームを購入して同時にリノベーションをする場合、それらの費用もまとめて住宅ローンで借り入れすることが可能です。 例えば、物件価格2,000万円、リノベーション費用600万円の場合、トータルで2,600万円の住宅ローンを組むことができます。各金融機関で対応しているほかフラット35にも、「フラット35リフォームパック」という商品もございますのでお客様の御要望に応じて対応させて頂いております。
仲介手数料完全無料だと、どれくらいお得になるの?
通常の仲介手数料は「物件価格の3%+6万円」が相場。例えば3000万円の物件を購入するとなると96万円の手数料が生じてきます。リノデュースでは仲介手数料を一切いただきませんので、このういたお金を自由に使っていただき、お好きな家電や家具などを揃えてみてはいかがでしょうか。
好きなようにリノベーションしたいけど、予算が膨らみそうで怖い・・・
リノデュースでは予めデザイナーが選定した商品をセレクトしていくセミオーダー方式を採用しております。他のリノベ会社ではこの基本仕様となるセレクト商品のレベルを低く設定して商品のオプションで価格をつり上げたり、工事でも配管更新の金額がオプションになっていたりとオプションを選定せざる得ない方法で最終的な金額が高くなるということをよく聞きます。リノデュースではオプションを選ばなくても問題のない基本仕様と工事仕様となっておりますので安心してセレクト頂けると思います。

リノデュースについて

リノデュースの名前の由来は?
リノデュースという名前は、物件探しからデザイン・施工までをトータルコーディネートさせて頂き、お客様と共にワンストップリノベーションと言うストーリーをプロデュース(クリエイティブに作品を制作していく)していくという思いでつけさせて頂きました。
リノデュースと他のリノベ会社とどこが違うの?
最近よく聞かれるようになったワンストップのリノベーション会社。ワンストップとは物件探しからローン審査、リノベのデザインから施工までを一社で行う会社のことですが、ワンストップリノベーションの会社にも様々なタイプの会社があります。不動産系の会社では設計と施工を丸投げしていたり、物件探しと設計は自社で行い施工は工務店に丸投げするなどしている会社もございます。リノデュースでは物件探しは自社コーディネーター、設計は自社デザイナー、施工は自社プロデュサーが担当しており工事も工務店に丸投げをせずに信頼のおけるリノベ職人に分離で発注をしています。ですからコストや品質管理に自信が持てるのです。またリノデュースでは再販事業(中古物件を仕入れてリノベーションして売却)も行っておりますので一都三県の価格相場を熟知していると共に非公開物件の情報が入ってきたりと情報網にも強い為、価格交渉や物件探しにおいてもお客様のお役に立てると思っております。
運営しているテシオってどんな会社?
運営会社のテシオはもともと内装工事を行うことを目的に作った創業20年になる会社です。施工会社から始まり空間デザインや不動産まで事業領域を広げてまいりました。現在、業界が抱える職人不足にも対応するために職人育成を目的にした子会社を作り後身の育成にも取り組んでいます。
ご相談はいつでも無料中古マンション リノベーション リノデュース
初歩的な質問から具体的なリノベーションのご相談まで、まずはお気軽にお問い合わせください。お電話でもOK!
無料で資料差し上げます中古マンション リノベーション リノデュース
リノベーションのやり方がよくわかるガイドブックと施工事例が満載のスタイルブックを無料でお届けします。
ご来店お待ちしております中古マンション リノベーション リノデュース
リノベーションについてもっと詳しくお話を聞きたいお客様はぜひ東京青山のショールームにご来店下さい。